付けてしまった傷は現状復帰して元通りにしておこう

ヘルメットを持つ人

原状復帰の手順

作業員

原状復帰といえば大々的な工事を思い浮かべる人も少なくありませんが、ハウスクリーニングなどの作業もまとめて原状復帰と呼ばれることが多くなりました。新築の賃貸物件に短期間入居する場合などは、退去時に傷などが少なく、原状回復工事の必要性がないというケースもあります。しかし生活感が残っていては新たな借り手が見つかりにくくなるため、専門の業者に清掃を依頼することになるのです。原状復帰を行なう業者のほとんどは、賃貸物件の管理会社や不動産のオーナーと契約を結んでいることが多いため、退去する側の人間が業者探しを行なう必要はありません。しかし、自ら低価格で対応してくれる業者を見つけることで、既に支払っている敷金の多くが戻ってきます。

賃貸物件の退去時に原状復帰工事を行なうのであれば、良心的な業者を探すようにしましょう。適正価格で対応してくれる業者はとても貴重な存在です。中には高額な施工費を請求してくるような業者もあるので、評判の良いサービスに注目してみるようにしましょう。不動産会社や賃貸物件のオーナーと相談し、原状復帰が必要であるか否かを明確にすることも大切だと言えます。場合によっては大規模な工事が必要なく、簡単な清掃で済むこともあるので、事前調査を依頼しておくと安心です。費用は面積などで変動しますが、壁や床の傷が少ない場合、または入居から退去までの期間が短い場合などは安くなることが多いでしょう。見積もりを無料で出してもらえるなら、予算を立てる際に役立ちます。